中古一戸建てでお徳な新生活

社会問題にもなっている、空き家問題は、中古一戸建ての需要が高まることで解消されるはずなのですが、実際はそううまく行かないようです。 日本人はいつから、こんなにも潔癖になったのでしょうか。誰が住んでいたかわからない家には、住めないという若い方が増えているそうです。賃貸のお部屋も、入居者が入れ替わるたびに徹底的なクリーニングを入れ、髪の毛1本も許さず、という構えで次の方を迎えると聞くと、日本の将来が心配になります。 きれいでなくてはならない、と言う強迫観念に襲われる精神障害があるそうです。そういう方へは、極端な刺激療法を行うと、一気に解消するそうです。公共のトイレ掃除をボランティアで行っていただくことで、治る場合があると聞きます。 そんなことをしなくても、日ごろから他人と社会を築いていることを、認識できる環境で暮らせば、根本的に精神衛生を守ることにつながると思います。 地方の中間都市には、空き家がたくさん余っているようです。それらが若い方たちに提供されるようになり、少し前のような、人と人との付き合いを取り戻すことができたら、どれだけ「ウィン・ウィン」でしょうか。中古一戸建てで暮らす、と言うことは、その地域で暮らす、と言うことです。地元の人たちとの暮らしは、人が社会を持ってのみ、生きていけると言う原点を思い出させてくれます。

高槻市の一戸建てなら六甲不動産販売にご相談下さい。 3045 6/4

Copyright ©All rights reserved.中古一戸建てでお徳な新生活 .